DIYの方法iPhone 7または7 Plusの画面を置き換えますか?

Apple iPhone 7または7 Plusの画面が壊れていると、かなりイライラすることがあります。 修理を受けるには多くの選択肢がありますが、費用がかかり不便です。 修理を受けるためにAppleに行く場合は、偶発的な損害が補償されていないため、保証はそのままになりますが、かなりの費用を支払わなければなりません。 AppleCare +をお持ちであれば、費用を少しでも節約できます。 ハイストリート小売店やオンライン修理工場に行くこともできます。

何らかの理由で上記の方法のどれもあなたに適していない場合は、破損した画面をいつでも自分で置き換えることができます。

iPhone 7または7 Plusの壊れた画面を置き換えるDIY方法

次の部品とツールが必要です。

  • Apple iPhone 7または7 Plus LCDアセンブリ
  • フィリップスヘッドドライバー
  • 三点ねじ回し
  • パンチャーローズドライバー
  • Spudger
  • メタルスパイダー
  • ヒートガン、ヒートマット、または脱水装置

壊れた画面を修正する方法は次のとおりです。

  • 電話を切る
  • デバイスを加熱して、内部の接着剤ストリップを緩めます。 脱水機または20秒でヒートガンで20分間、低温設定で
  • 電話機の底面にあるペンタブのネジを外します。 電話機の底部から始めると、スパージャーを使って画面を体から優しく分離します。 電話機は本のように開き、画面とバッテリーの間のフレックスケーブルは接続されますので注意してください
  • シルバーのEMIシールドを電話機の真ん中の右側で元に戻します。 4本の3点ねじを取り外す必要があります。 次に、スパージャを使用してロジックボードからバッテリーを取り外します。 ディスプレイコネクタフレックスケーブルでも同じ操作を行います
  • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクタの上にあるシールド上の2本のフィリップスネジを取り外します。 このシールドには、フレックスケーブルが下から出てきます
  • スパイダーを使用して、黒い前面パネルのセンサー・アセンブリー・コネクター・ケーブルをロジック・ボードから分離します。 このケーブルは画面を電話機本体に接続します
  • LCDアセンブリを本体から分離できるようになりました
  • フィリップスの5本のネジを外して、アセンブリの上部にある銀のブラケットを取り外します。 スパージャまたはピンセットで前のカメラを静かに取り外します。 また、受話器スピーカーを取り外します。 ライトと近接センサーケーブルを慎重に取り外します
  • ペンタブのネジを外して、タッチIDとホームボタンブラケットを分離します
  • LCDの側面のネジをすべて外します。 LCDシールドを画面から引き出します。 フレックスケーブルが片側の開口部を通過しています。 スパダーを使用してホームボタンのケーブルコネクタを取り外します。 次に、基底の接続を切断します。
  • タッチIDとホームボタンを保持している接着剤をデジタイザの背面に戻し、ホームボタンを画面の前部に押し込みます
  • 正面から新しい画面にホームボタンを置きます。 フレックスケーブルを再接続し、LCDシールドに通します。 LCDシールドをスクリーンの上に置きます
  • すべてのネジを戻してシールドとスクリーンを接続します。 ホームボタンのブラケットを元に戻します。 センサーを所定の位置に押し込み、カメラ、イヤピーススピーカー、およびブラケットをカメラに取り付けます。 同様に、1つずつ、削除されたすべてのコンポーネントを再接続する
  • 画面を本体の上に折りたたみます。 上から戻して挿入する
  • 最後に、下のパンゲアスクリーンをねじ戻す

LCDアセンブリを購入する Resun.

0 返信

返信を残します

議論に参加してみませんか?
貢献してお気軽に!

返信を残します

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *